読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mamesuke88のブログ

完全自由日記。整理とアウトプット用。日常やブログ、本の感想なんかも書いていきたい。

池田学「認知症 専門医が語る診断・治療・ケア (中公新書)」読了

父は64歳。

今年初めに市民病院の物忘れ外来でMRIとCTを受けましたが、「加齢による脳の老化はあるが認知症に見られるような脳の萎縮は認められず」との結果。にもかかわらず、中〜重度の認知症用とされるメマリー錠を処方されました。

症状は、虚言癖、誇張癖、浪費、怒りっぽい、話の内容が理解できない時がある、暴言、恫喝、トイレに間に合わず直前で漏らす、車のキーを失くす、タイヤ交換に出したGSの場所を忘れる、予約日を間違えて宿泊出来なかった等、日常生活にも十分支障が出ているのに、診断は認知症ではない、、聞きたいことが山ほどありますが直接お医者さんと話していないのでもどかしいです。

 

で、本題ですがタイトルの本は林公一先生のHPで紹介されていたので読んでみました。臨床での実例が多く紹介されており、一般人に向けてわかりやすく書かれていました。

大事なことは、初診段階。認知症といってもアルツハイマー、前頭側頭葉型、レビー小体型とあり、それぞれ初期症状には似ている点もあるが異なる点もあり、注意深く診察して正しい処置をしないと病気によっては薬の効果が正反対で悪化してしまうケースもあるので最初の診断を間違えてはいけないという事。

 

父はCTとMRI、問診などで2度診察した後、最初に書いたような診断結果でした。それまでのおかしな行動、言動から確実に認知症と踏んでいたのでビックリしました。やはり精神疾患のほうか、と予想してますがその病院は精神科が無く、薬ももう4ヶ月飲んでも全く改善されてないので診断結果に疑問を持っております。初期診断間違ってたんじゃないか、セカンドオピニオンを受けたい。でも母1人では遠い大学病院には連れていけない、という物凄いジレンマです。

 

また、診断書が欲しいのは成年後見制度を申し込みたい為です。父は現在異常に浪費しています。機能が複雑で使いこなせず買ったまま使わない物の数々。会社を売って老後資金にする予定のお金の大半をつぎ込んでペンションを買おうとする(未遂)。これから自分に数億の大金が入ってくるから大丈夫と言うが、その根拠は妄想で事実無根です。医者や第三者には、その妄想をさも現実のように雄弁に語るのです。このままでは理解力が無いまま老後資金が無くなります。

 

今回、既に車が4台あり駐車場の空きも無いのにまた数百万する高級外車のリースを契約してきて家族はガッカリです。幸い審査中で、審査に落ちれば返金されるとの事で、明日、販売店に電話して契約をキャンセルしてもらうこと、病院に電話して成年後見制度のための診断書をもらいたいこと、包括センターに電話して現状を相談、この3つアクションを起こします。

海外にいるため自分が率先して動けずイライラしてましたが、出来ることから1つ1つやっていこうと思い今日は少し落ち着きました。

しかし介護離職ってこうして起こるのかな、、、

 

認知症―専門医が語る診断・治療・ケア (中公新書)

認知症―専門医が語る診断・治療・ケア (中公新書)

 

 

 

平均睡眠7時間半

GARMINのランニングウォッチ、235Jを最近毎日装着して2週間が経ちました。

睡眠時間を測ってくれるんですよね。

多分動きをみて入眠と起床を判断してるんだと思いますが、

自分の平均睡眠時間みたら7時間半でした。ずいぶん寝てるなぁ。

昔から寝ないとダメな性質で、学生時代はオールでカラオケなんかもやってましたが次の日はしぬほど眠いしアラサーの今は毎日10時にはもう眠い。

寝不足は一番の大敵です。とにかくパフォーマンスが落ちる落ちる。メンタルにも悪いです。結構自分の身体って案外センシティブで、意識して管理してかないといい状態をキープ出来ないんだなと気付くこの頃です。

お酒を飲んで次の日体調悪くするのは今まで仕方ないと思ってたけど、意識してお酒と一緒に水やお茶をたくさん摂取するようにして、かつ寝る前に水を一気に1リットルほど飲んで寝たら、次の日体調バッチリでした。これはいい。

吐きグセがついていて、本当に飲み過ぎた時もそうですがあー飲みすぎたな、このままじゃ明日の残りそうだから吐いとくか程度の動機で吐いたりするので、これも治してかなきゃいかんなと思います。

なにより吐いたっていうとパートナーさんに怒られるので、心配掛けないように意識してお酒と付き合っていこうと思います。

昔から悩みの8割くらいは家族のこと。

昨日上司と飲んでるときに、貴方は自分自身の悩みは1割もないよね、8割は家族のことだよねと言われてハッとしました。悩みが多い性格だなと思っていたけど確かに自分にだけフォーカスすると多少難はあれど基本ハッピーです。昔から家族の心配ばかりしてきました。

ここから家族の病気の歴史を紹介。

まず姉、私が中学くらいの時にうつ病を発症しました。小さい頃は洋服を作ってくれたりして優しい姉でしたが、発症後は大喧嘩ばかりでかなり険悪な関係になりました。財布を投げて壊される、洋服を借りるのにお金を取る、通販で届いた服を庭に撒かれて犬にボロボロにされる等(笑) 本当に姉は嫌いでした。

私が家を出て家が母と姉の二人になると、攻撃の対象が母に向き、自分がこうなったのは親のせいだと責め続けました。 後日このような症状は鬱ではなく統合失調症の可能性があるとわかりました(林公一先生の精神科Q&Aから)。実際姉はその後、監視されている、テレビ局が録画している、テレビ番組に私のことが放送されると言い出して薬も勝手にやめました。結果は精神状態がすこぶる悪化し、失踪し捜索願を出したり、ハイターを一気飲みしたりと、それはもう悲惨でした。

服薬を再開した現在症状は落ち着いています。姉妹関係も一緒にランチするまで改善しました。今でも監視されてる気がする等の発言がありますが、日常生活は普通に送れているので、姉の件は一応の解決。

 

次に母も、昔から神経質なところがあり、薬を飲んでいました。帰ってきた服のままベッドに寝転がると怒る、飼っていた亀用のタオルを家族の服と洗濯すると怒る、また近所の誰々の駐車場に車が止まってたか、明かりがついてたかなどを頻繁に聞いてきました。昔は適当に返事していて気にも留めなかったのですが、家を出てからたまに帰省すると一日中寝たきりかお隣をベランダから覗く生活になっていました。会話しても無気力、無関心、家も汚くなり、お隣の事しか頭にない(隣人がどうというより、明かりがついていたか、扉が開いていたかなどを異常に気にする)。強迫神経症は自分でもどうでもいいとわかっていることを異常に気にする病気。ここまでの無気力症はどうも薬が悪いのではと、思い切って病院を変えた所大正解で、電話の声にもハリが戻り、続けていたスポーツクラブを再開するに至りました。今でも帰ると隣の明かりついてたか等聞いてきますが、日常生活は普通に送れるようになったので、母の件は一応の解決。

 

最後に父、一緒に母と姉をサポートしてきましたがまさかの最強のラスボスになってしまいました。昔からワンマンで亭主関白的でしたが、ちゃんと主張が理にかなっていて頼りがいがあり、尊敬していました。長く単身赴任でしたが母と姉の件もとても親身になってくれ、父子関係はとても良好でした。

ここ5年くらいで、父の様子が変わってきました。表情が乏しくあまり笑わなくなり、大好きなゴルフもしなくなりました。常にイライラしており、予定通りに事が進まないと怒り、一緒に行動しても何かテンションが下がると一人で勝手に離脱する等変な行動が目立ちました。家族も友達も「父、どうしちゃったんだろうね」と話してました。今思えばこの時点で無理やり精神科なりカウンセリングに連れてってあげればよかったのかもしれませんが、ザ・昭和の頑固親父に「最近様子がおかしいから病院行こう」と言っても「おかしくない!!」と一蹴され終わりでした。

主張が理不尽になったワンマンは大変です。「これこれしか認めない、でなきゃ親子の縁を切る」とやたら極端になり、最初はなんとか要求に答えてましたが、これまでで一番の理不尽な要求に家族全員で反発した結果、「お前らは敵だ!」と家族関係は急に破綻してしまいました。つい数か月前まで一緒に家族旅行してたのに今は実家に近寄れません。

 

姉の時も母の時もそれはそれは悩み、家族で相談し合い励まし合いながらなんとか乗り越えてきました。でも今回は強敵過ぎます・・ほんと、放置できればどれだけ楽かと思います。しかも自分は結婚前。このままでは結婚式も出てくれなそうです。父あんなに楽しみにしてたのに。

最後のラスボスである「父の精神を蝕むガン」を倒すことを目指してがんばります。

 

ちきりんさんのブログを読んで自分の仕事観を考える

ちきりんさんのブログを初めて読んだのは5、6年前、日本で就職活動がうまくいかず

逃げるように海外に来てしまったと、負け犬感であふれる卑屈な時期でした。

大企業でバリバリ働きたかったのに、私はこんなとこで何をやってるんや~と思ってたころに読んだのが、「将来有望な若者の将来価値を毀損する、大きなワナ」という記事でした。こ、こんな大それた事をネットで言っちゃうなんてすごい人だな!と驚きましたが、当時の若かった私には「それでも大企業がよかったな。充実した研修制度と福利厚生受けたかったな」としか考えられませんでした。

かくしてここ1,2年で、エクセレントカンパニーと言われたシャープと東芝が相次いで斜陽となりました。7年前の就活市場でも大人気企業で、私も説明会に足を運びました。当時は米国WHとの原子力事業を大いにアピールしていて、目が輝いたのを覚えています。そんな原子力事業もWHの事業予算を誤り7000億円の損失。収益柱のフラッシュメモリー事業を入札に。一体当時の就活生の誰がこんなことを予想できたでしょうか。

そしてちきりんさんの例の記事を思い出しました。予言者だったのか⁈と。またブログに足を運ぶようになったのですが、最近読んだ「求められてる働き方はコレだ!」という記事にはすごく希望が持てました。働き方改革に、定時上がり残業なし!をベースに考えてちゃダメというのは目から鱗。確かに、ホワイトカラーの仕事は凝縮すれば週4日3時間勤務くらいでよさそうな感じもします。問題は製造業ですかね。24時間3シフト7日間稼働してるラインの生産管理やトラブル対処はどうしよう・・。1つの会社に複数の枠の働き方があるのかなと思いました。一筋縄にはいきませんが、多くの人が高付加価値・短時間な仕事が出来れば家事育児介護の面で非常に助かるだろうと思います。

関連エントリで「仕事と家庭の両立なんて、目指すのやめたらどう?」これも大好きです。

会社は長時間労働や有休取りづらい昔の体質のままなのに、親親戚に子供見てもらえない、保育園も入れないという最近の社会環境に適応せいという方がしんどい。

メディアの、仕事も家庭も両立する女性かっこいいぞ戦略からは離れて、どちらも半立くらいでノーストレスに生きたいなぁと思いました。

 

ホントに、この人と結婚していいの?読了

いい本を読みました。

内容は結婚における男女それぞれの考え方を、聖書を引用しながら解説していくのですが、途中の「男女の身体的・思考的な違い」の解説がとてもよかったです。文章化してくれると、自分でも自分の身体こうなっていたのか、考え方も男女で全然違うんだなと理解が深まりました。

 

パートナーにも是非読んでほしいと思って勧めました。

何より、女性の身体に起こっている毎月の月経周期にかんしてもっと理解してほしいと思いましたので・・付き合い始め、ピルを飲んで数年たつのになぜか生理前にひどくイライラすることがあり、自分でもおかしいなと思いつつ、パートナーにも当たり散らしていました。彼は私に振り回され、怒り、やっていけないかも・・なんて言ったこともありましたが、その後PMSに関する漫画を読んでもらい、「こんな辛い事になっているのに、傷付けてごめん」と言ってくれました。(ピルで女性ホルモンを抑制しているのに、なぜPMSのような症状が出るのか疑問ですが、、)

男兄弟だと特にその辺の理解が薄く、生理が1日で終わると思っていた友人もいました。

著書にも書かれている通り、日本はもっと男性に女性の身体についての知識の周知を目指したらいいと思います。結果的に女性自身も自分に起こっている状況が理解できて予定調整等の対処ができるし、男性も意味不明な八つ当たりに辟易せず距離を取ってやり過ごしたりwin-winな関係が作れるのではないかと思います。

 

ほんと女性の身体は面倒臭いなとたまに疲れますが、これも人体の不思議ですね!

 

 

 

 

 

頭の中の整理とアウトプットのために!

最近考えることとやりたいことが多すぎて処理しきれなくなってきたので

備忘録兼整理ノートとして書き留めます。

 

考えること:

その1、家族のこと

父親の老化現象、社会から孤立、妄想癖、自己愛性人格障害気味、突然家庭崩壊して半年

母親の共依存強迫性障害

次のステップ:病院のソーシャルワーカーさんに相談する。

最終目標:家族関係の修復と両親のセカンドライフ充実

 

その2、自分のこと

結婚と日本帰国に向けての物理的、精神的準備。

日本の就活ギブアップ後海外渡航、現地勤務が長く、

日本の同調意識や満員電車、不寛容さ等の社会環境に苦手意識。

人間関係、特に同性との関係構築も苦手。只今自分を掘り下げ分析中。

次のステップ:「ホントに、この人と結婚していいの?」を読了する。

ちきりんさん「未来の働き方を考えよう!」から、自分の人生を考える。

仮、最終目標:自分の好きな人と好きなことして生活したい。

 

やりたい事 :

帰国前にセブ島の語学留学して英語に対する度胸をつけたい

当地の行ってみたい観光地に行く。3泊4日離島山岳トレッキングに行く。

いろんな本を読む。

 

出来るようになりたい事:

魚介類を捌けること

当地の言語スキルアップ

ゴルフ90切ること

あがり症の克服、話し方スキルアップ