mamesuke88のブログ

完全自由日記。整理とアウトプット用。日常やブログ、本の感想なんかも書いていきたい。

でも、自分はツイてる。運がいい。

さ~吐き出してスッキリしよ!

この一か月怒涛のようだった・・

①父が精神病院に医療保護入院しました。

ついに誇大妄想もありえない次元に達し、老後の資金計画にも支離滅裂な返答となり、これ以上はもうあかんと、入院させました。

診断名は「双極性障害躁うつ病)」、入院して約2週間たちましたが特に変化なし。慢性的な生活習慣病のフルコース(高血圧、糖尿、痛風、肥満など)で投薬治療できないとのことで、まずはそちらの治療。認知症も併発している可能性があり、今後の両親の生活どうしようかなーという段階。幸い、事業を売ったので贅沢しなければ介護生活できるお金はあるので、このお金を超大切にしなければ。今まで躁状態で散在したお金数百万は本当にもったいない。。でも、ギャンブルや投資でなくモノが多いので、売ればある程度回収できそう(車とかバイク)。

病気になってしまった父のことは責められないけど、家族はしぬほど振り回されてボロボロに疲弊しました。まずは入院させることができて本当に良かった。

治療は長丁場だし病気も死ぬまで治らないともいわれますが、まずは人事は尽くした!

www.jspn.or.jp

 

②パートナーと婚約解消の危機

今までの様子からして青天の霹靂のような状況ですが・・やはり父の状況が私の精神状態にかなりの悪影響を与えていて、その不安感が結婚に対する焦燥感に繋がったのだと思います。そして帰国・同棲後の結婚という約束に対しいちゃもんを付けていき、ただでさえ激務で恋愛への余力がない彼の気持ちが冷めていくのを感じ、それに対してさらに文句をつけるという悪循環に陥っていました。

ピークは父の入院時。懸念が払拭された、と入籍や式の日程を確定させようとやっきになった私ですが、いやいや日を決めるような態度にまた文句をつけ、頭がおかしくなりそうになり、次会うまでに連絡を絶つことを提案しました。

結果、冷却期間になりとてもよかったです。彼には悪いことをしたと反省し、改めて、彼が好きであること、意思を尊重すること、癒される存在になること、式は父の回復を待って・・と落ち着いて考えられるようになりました。

「この人と結婚していいの?」を何回も読んでいます。読むたびに、あ、この前の口論はこれか、とか、彼と私の態度はこういう理由から来ているのか、等新しい発見があります。「結婚は理想の人を探すのではなく、理想の人になること」。頑張ります。

 

そこでタイトルに戻りますが、この1か月失意のどん底でした。久しぶりに会えてうれしいはずのデート中に過呼吸も起こしたし、自分も限界だったのかもしれません。でも、いま父を入院させることができたこと、離れてても家族が驚異的に一致団結できたこと、彼と距離を置いて冷静に考えられたこと、毎日行く職場があること、信頼できる上司がいること、何も変わらず接してくれる友達がいること、毎晩寝る場所があることは、自分とてもツイてるしラッキーだなと思ったら、頭がスッキリしました。

 余裕が無い状態だと自分ももうこの人と別れてしまおうかとも考えたりしますが、余裕のある状態でした自分達の判断に自信を持つことにします。後で笑い話にできるように・・